現役数学教師からの華麗なる転身ブログ

教師からフリーランスエンジニアを目指す日々をつづります(その他雑談多し)

学校では教えてくれない 成績が格段に上がるノート術

こんにちは。masaです。 

 

今回は、こんな記事が気になったので紹介します。

headlines.yahoo.co.jp

 

 最近は科学的に正しい勉強法について調べる機会が増え、実際に自分自身の学習にも当てはめることが多いのですが、

 

教育現場にはびこる、間違った勉強法を少しでも減らし、効率的な学習を提唱していきたいものです。

 

今回のテーマは「ノート術」。東大生は知らずのうちに、正しい「ノートの活用法」を実践しているようです。

 

ダメなノートの使い方「黒板丸写し」

f:id:master_asia_1969:20190428121304p:plain

学校でやりがちな、効率が悪いノート術は以下の通りです。

  • 黒板に写された文字を、ただひたすら写す
  • 書くことに必死で、先生が何言っているか頭に入らない
  • 結果、見返しても何が書いてあるかわからない

こんな感じです。

 

学校で行われている板書、これを写すという行為は「受け身」であって、頭脳を働かせることのない「作業」です。

正直、これを行い続けても学力は伸びませんし、何よりノートを記すことによって失う労力や時間が無駄になってしまいます。

 

では、東大生が自然と行う「ノート術」とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 

東大生は学習内容をノートに「再現」する

f:id:master_asia_1969:20190428121339p:plain

記事の中で、偏差値35から東大に合格した西岡さんがこのように述べていました。

僕は今、東大の仲間たちとともに、東大生100人以上にアンケートをとってどのようなノートを作っているのかを調査したり、東大生のノートやメモを集めてその知識収集の方法を調べたりしているのですが、その中で1つ見えてきたのが「再現性」というキーワードでした。アンケートの中で一番出現率が高く、東大生がノートをとる目的として一番多く挙げていたのが「再現性」だったのです。

東大生の行う「ノート術」は、

「授業や読書などで得た情報を、後から自分で『再現』できるようにするため」

に、ノートに記すという方法でした。

 

学校の板書をただ写す、という方法とは全く異なるノート術だったのです。

 

実は、これは科学的に効果のあると立証された勉強法に、見事にマッチしている方法なのです。その根拠は、

  1. 学習内容を自分の言葉で「再言語化することで、理解力が定着する
  2. 学習内容を「想起」することで、学習内容が定着する

というものです。

 

本当に身につく学習法① 「再言語化

f:id:master_asia_1969:20190413141235p:plain

さて、「再言語化」という方法をご紹介しましょう。

 

これは、簡単に言えば「今勉強した内容を、他の人に説明するとしたら、どのように言い換えることができるだろうか?」と考え、実際に自分の言葉で「説明する」という方法のことです。

 

この時、説明する対象は他の人でなくてもOKで、「自分自身」に説明することでも効果が期待できます。

 

その際は、

  • 10歳くらいの少年に伝わる、カンタンな内容に置き換えて説明する
  • 難しい概念を、「例え」を用いて説明する

といった方法が効果的です。

 

これらの方法を、「ノート」に再現してみましょう。いわば、

「勉強した内容を、自分自身に解説・講義してみる」

のです。

 

うまく解説でき、自分自身も内容が理解出来たらOK。機会があるなら、他の人にも解説してみましょう。その人が理解出来たなら、学習内容は完璧に自分のものとなっているはずです。

 

 

本当に身につく学習法② 「想起」

f:id:master_asia_1969:20190428121552p:plain

そして、学習において「想起」(思い出す)ことが記憶の定着を促進することが科学的に明らかになっているようです。

 

では、この「想起」を用いて「ノート術」を行ってみましょう。どのように行えばよいのかというと、

  • 勉強した教科書や参考書をいったん閉じて、今学んだことを思い出す
  • 思い出しつつ、ノートに記しながら自分自身に解説講義する

こんな感じです。

 

教科書や参考書を開き、理解したつもりでも、意外と解説しようと思うと止まってしまうことがあります。これは、真に学習内容を自分のものにできていないという証拠です。

 

ですから、ノートを記す際は、「いったん学習内容を頭の中で整理して、どんなことを学んだか思い出す」ことから始めるのです。

 

学習の本質は「アウトプット」

f:id:master_asia_1969:20190428121638p:plain

ということで、カンタンに東大生の行う「ノート術」を、科学的な学習法と照らし合わせながらご紹介しました。

 

実は、これらの学習法に共通しているのが、「アウトプット」という考え方です。

学習には大きく分けて3つのタイプがあって、

  1. インプット(教科書・参考書で知識を得る)
  2. アウトプット(得た知識を用いて問題を処理する)
  3. フィードバック(テストなどからインプット・アウトプットの質を検討する)

というものです。これらのうち、東大生がノート術で行っていたのは2番の「アウトプット」で、学習を定着させるためにはこのアウトプットの質が最も重要です。

 

しかし、勉強が苦手である生徒たちはこの「アウトプット」を嫌い、「インプット」ばかりに気を取られてしまいがちです。

 

学習の本質は「アウトプット」にあり!他の人に説明できるほどに、学習内容をアウトプットしましょう。

 

まとめ

f:id:master_asia_1969:20190428121746p:plain

以上の記事を簡単にまとめておきます。

  • 正しいノート術は学習内容の「再現」と「想起」
  • 他の人に説明する感覚でノートに学習内容を記しながら説明してみよう
  • 学習内容を積極的にアウトプットしてみよう

筆者自身も、プログラミングの学習に力を入れているのですが、最近はオリジナルサービスを作り、サイトの模写コーディングというものに挑戦しています。

 

単に動画を見て、手を動かすだけで理解したつもりでいても、実際にオリジナルで作品を作ろうとする際には、「ここはどうすればいいんだっけ?」とか、「これを作るにはあの言語のどの部分の知識を使えばいいんだ?」とか、まだまだ本物の知識には到達していないことを痛感させられます。

 

ですから、アウトプットの重要性を意識しつつ、学習は進めていくべきなのです。

 

 

 

参考として、以前に学習内容を記した記事をご紹介します。よろしければどうぞ。

blog.mathematica-teach.com

 

また、今回記した勉強法の内容の参考として、以下の書籍があります。

 

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

新品価格
¥1,480から
(2019/4/28 12:21時点)

 この本を読むと、これまで自然と教えられてきた勉強法が、実は間違いであったことに気づかされます。こちらも、気になる方はどうぞ。