現役数学教師からの華麗なる転身ブログ

教師からフリーランスエンジニアを目指す日々をつづります(その他雑談多し)

学校教育について

多忙な教員の働き方は早急な改善が必要 それでも魅力はたくさんある

こんにちは。masaです。 今回は、こんな記事をもとにまとめてみます。 ryukyushimpo.jp 教員の多忙さに、最近社会的なクローズアップがなされています。 筆者の実体験をもとに、このことについて簡単にまとめられればと思います。 就任直後から任せられる担…

本来の「アクティブラーニング」について考えてみました

こんにちは。masaです。 今回は、ある友人との会話の中からネタを思いつき、記したいと思います。 それは、最近になって学校教育に脚光を浴びつつある「アクティブラーニング」についてです。 小学校や中学校でも、このアクティブラーニングを取り入れるケー…

実績を気にしすぎる教育界 そろそろ本質に気付きましょう

こんにちは。masaです。 この時期は学校でも中間試験が始まっていて、生徒は必死になってテスト勉強する日々を送っているようです。 そんな中、今回の記事で書こうと思いついたネタがありました。 教員として働いていたときに、よくやり取りしていたこんな場…

大学で学ぶことは、その後の人生を設計する「手段」です【どこに入学するかは関係なし】

こんにちは。masaです。 ブログを毎日更新する中、ネタが見つからなかったり、書くことが思いつかないこともしばしばありました。しかし、ここは耐え抜いて、記録を更新していきます。 今回は、次のようなニュースをもとに記事を執筆していきたいと思います…

ついにこの流れが来たか…「定期テスト・宿題なし」の改革に賛同の流れ 

こんにちは。masaです。 今回はゆるーく記事を執筆していきたいと思います。 先日ブログで取り上げた、公立中学校の教育改革について、次のような記事が載せられていました。 netallica.yahoo.co.jp 続々と教育についての改革が話題となっていて、これが日本…

「大学入試共通テスト」の英語 早くも各大学「採用する気なし」モードへ

こんにちは。masaです。 今回は、日本の英語教育に関する次のようなニュースを、話題として取り上げてみたいと思います。 headlines.yahoo.co.jp 再来年度から始まる、「大学入試共通テスト」。その中でも、実施する価値があるか議論が絶えない、「英語」に…

「早寝・早起き」が健康を害する?【無理な早起きは禁物】

こんにちは。masaです。 今回は、非常に興味深いこんな記事を見つけたので、ご紹介します。 yomidr.yomiuri.co.jp 昔から、「早寝・早起き」は健康のために大切であると聞かされていた方も多いと思います。 しかし、この記事によれば、若い時期の早寝・早起…

もういい加減、学校は宿題出すのをやめませんか?【時間の無駄】

こんにちは。masaです。 今回は、以下のような記事をみて、非常に共感を持ったのでまとめてみたいと思います。 gendai.ismedia.jp その内容は、これまでの学校教育の在り方を覆すような内容となっていて、 固定担任制の排除 中間・期末テストの廃止 宿題の廃…

【衝撃】定員1000人の教採説明会の残席が悲惨なことに…

こんにちは。masaです。 今回、次のような衝撃的なニュースというか、ツイートを見つけました。 衝撃。定員1000人で空席が800席超え。東京神奈川千葉でGW後半に開催される教員採用の説明会の状況。試しにHPを見てみたら、残800席と。調べればすぐに分かる。…

【暗闇】教師という職業は「定額働かせ放題」 これは事実です

こんにちは。masaです。 最近、こんな記事がヤフーのトップ記事となっていて、気になったので今回の記事としてみました。 headlines.yahoo.co.jp 学校教員は「定額働かせ放題」。これは事実です。 今回は、筆者の体験を交え、退職に至った理由などをもとに、…

【本音】勉強嫌いは、教育者によって変えられます

こんにちは。masaです。 筆者は数学の担当をしているのですが、 先日、初めてのクラスの前で話す際に、聞いてみたいことがあったので質問してみました。 「数学が嫌いだ、と思う人は?」 すると、およそ9割がた、背筋を伸ばして誇り高く、挙手したのでした。…

【切実】学校の多すぎる宿題問題 教員目線から斬り刻む

こんにちは。masaです。 今回は、友人の次のようなコメントが気になって、記事にしてみました。 中学校の春休みの宿題が多すぎて、子供も本当に大変そう。 こんなに宿題多くても、子供のためになっていないのではないか? 今年度から受験生としてスタートす…

【真実】石橋を叩いて渡るのはもうやめよう 失敗を恐れず挑戦 

こんにちは。masaです。 勤め先の学校で、在校生の修了式が行われました。 大勢の生徒や職員が見守る中、多少緊張しましたが、何とか伝えようと思っていたことは言えました。 今回はそのあたりをまとめつつ、今後のことについて少しまとめていきたいと思いま…

大学教育で得るものはほとんどない【結局は自分】

こんにちは。masaです。 今回は、大学に行く意味について記事にしていきたいと思います。 入学当初は、何かしら大学に期待を抱いていると思うのですが、正直言うと無駄な時間の方が多くなってしまいます。 なので、無駄な時間を最小限に抑えるために、心得て…

【切実】優秀な人ほど、教職に就きたがらない現実

こんにちは、masaです。 最近、職場の先生方には私の退職について「寂しくなるね」といった声をかけてもらうのですが、筆者自身の気持ちからすると、とても晴れ晴れしい気持ちである、今日この頃です。 さて、最近は教職現場の問題が全国的にクローズアップ…

受け持った生徒が卒業 わたしの思いも語る

こんにちは。お久しぶりでございます。 しばらくブログを記していませんでしたが、 去る2月28日。 高校の卒業式が行われました。 3年間見守った生徒の卒業の時 高校1年の時から、持ち上がりで3年間見守り続けた生徒が、それぞれの道に向けてはばたく日…